日日是好日 in Singapore ayakit.exblog.jp

美味しいもの、好きなこと、旅の風景。日々の暮らしの備忘録。


by aya
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

e0368107_19095053.jpg

オットの帰りが遅くなる日、ホテルの再開に先立ち一足早くリニューアルオープンしたロングバーに立ち寄ってしまいました。一緒に来ることはなさそうなので。。(汗)

Bras Basah Rd.側にある階段から2階へ上がると、螺旋階段が目を引く新生ロングバー。インテリアは、マレー半島でプランテーションが数多く開発された20世紀初頭の生活から着想を得ているのだとか。。

以前よりも重厚感が和らいだような気がします。いずれは3階もオープンするそうですね。

e0368107_19095188.jpg
e0368107_19095008.jpg

ウィールを手回しするレトロなカクテルシェイカー、、

e0368107_19100418.jpg

バーカウンターが刷新され、観光客と思われる方々も多く賑やか。一人でも入りやすくて助かりました。

ビールでも頼んで終わろうと思っていたのですけど、バーテンダーさんからあのシンガポールスリングも生まれ変わったと伺い、記念に挑戦してみることに、、

e0368107_19100468.jpg

こういったタイミングは価格をいじるのに好都合ですね。案の定、1ドル値上がりして$32ドルになっていました(笑)

お味の方ですが、昔のあの強烈な甘さが少しだけ控えめに!バーテンダーさん曰く、甘過ぎるというクレームが多かったそうです。やっぱり。。

e0368107_19100495.jpg


コアントローをやめてトリプルセックのドライキュラソーに変えたのが決め手なのだとか。なるほどーなどと適当に相槌打ってしまいましたがリキュールの世界はよく分かりません(汗)

お味はさておき、新しいレシピではアルコール感も強くなっており、少なくともお酒をいただいた手ごたえは得られました。

結局2度目のシンガポールスリング。今度こそ最後のはず、、


by aya_kit_pa | 2018-10-30 09:00 | シンガポールのグルメ | Trackback | Comments(0)

常備菜をいろいろ

e0368107_22061052.jpg

先週の常備菜はちょっと頑張って5種類。中途半端に残っていた玉ねぎを片付けたかったのと(笑)いつもより心理的にゆとりがあったのです。

ズッキーニ、ボッコチーニ、ミントのマリネ、レンズ豆のサラダ、きのこの生姜佃煮、玉ねぎと粒マスタードのマリネ、ズッキーニの塩昆布和えを作りました。

インド街で買った赤レンズ豆をさっそく使ってみたのですけど、サラダにはいまいち(汗)。皮付きの緑色の方がもう少し食感が出て好みです。。

でも、友人からお土産でいただいたグリーンペッパーのディジョンマスタードがよい仕事をしてくれて、なかなか美味しくまとまりました(←自分で言う)

ある日の夜は和食を。わかめの量がおかしい、、

e0368107_23583234.jpg

週末は、残っているコルニションを使ってポークのシャルキュティエール風。

e0368107_22570011.jpg

ブルーチーズの残りを洋ナシと一緒に。お土産にいただいたカシスのディジョンマスタードをドレッシングに使ってみました。

e0368107_22570037.jpg
e0368107_22570026.jpg

もともと酸味のあるものが好きなのですが、毎日が夏のせいか、やたらとマリネばかり、、お酢やワインビネガー、レモン汁はさっぱりします。



by aya_kit_pa | 2018-10-28 09:00 | 日々の食事 | Trackback | Comments(0)
e0368107_22203394.jpg

11月6日はヒンズー教の祭典、ディーパバリですね。

先日の続きですが、Buffalo Rd.から目抜き通りのSerangoon Rd.に出たらテント張りのバザール(?)が出ており、せっかくなのでこちらも歩いてみました。

昨年は週末の夜に近くで食事をとり、ライトアップだけちゃちゃっと眺めて終わってしまったのです。今年はお昼間の喧騒と雰囲気を少しばかり体験していくことに。

この写真の下はものすごい人混み。。平日の方がまだ歩きやすいのでしょうね、、

e0368107_22203345.jpg

バリエーション豊富なガネーシャたち(笑)

e0368107_22203947.jpg

天井が華やか。お祝いの飾り物が今にも落ちてきそうなほどびっしり、キラキラです。

e0368107_22203852.jpg

カラフルな器がたくさん並んでいました。

e0368107_22204518.jpg

これらはどうやら床に飾るらしいです。

e0368107_22204532.jpg

このティーポットカバー面白いですね(笑)。しかも手触りがなかなか良い。。

e0368107_22205167.jpg

刺繍やビーズが綺麗ですね。コロンとしたフォルムも可愛い、、

e0368107_22205163.jpg

色とデザインがちょっと派手な丸い器(トレー?)を見つけて、これにエスニックな食事を盛り付けたらいいんじゃないかと思い、買うべきかどうかしばらく悩みました。

でも何枚かくまなくチェックしてみたら、エッジの金色が剥げ落ちているものが。。劣化が早い予感がして、残念ですが諦めました。

観光気分でひやかしてみた出店ですが、じっくり見ると面白いものがあったりしますね。


by aya_kit_pa | 2018-10-26 09:00 | シンガポールの風景 | Trackback | Comments(0)
e0368107_22110246.jpg

お休みの日に久しぶりにリトルインディアへ出ました。

花飾りがたくさん売られている人通りの多いBuffalo Rd.を歩いていて、ふと目に留まった食材店。入り口手前に最近お気に入りのバナナチップスを見つけたのです。

インド街での買い出しというと、いつもあの巨大なムスタファばかりです。小さなお店に立ち寄ることがなかったので、ちょっと中をのぞいてみようという気になりました。

奥に細長い店内。この右隣が野菜などの生鮮食品売り場とレジで、インド人の方々が大量に買い込まれていました。

e0368107_22110226.jpg

奥のスペースに唖然、、小さな店内でこの一角が全て豆なのです(笑)。インド料理はダールカレー、チャナマサラ、サモサなど豆を使うものが豊富ですし、ベジタリアンも多いですね。

e0368107_22110767.jpg

MTRの商品やインドのお菓子なんかもありました。

e0368107_22111145.jpg

皮なしの赤レンズ豆を2ドルちょっとでお買い上げ。RedMartでも似たようなお値段でありましたけど。。昔から小粒のレンズ豆が好きです。水戻ししなくていいのでラクですし。

e0368107_22060909.jpg

それから「インド版マリー」(と勝手に思っている、、)のホールウィートとバナナチップスをそれぞれ50セントと2.5ドルで。Star Tid Bitsのシリーズはムスタファにもたくさんあるのですけど、なぜかこのバナナチップスだけないのです。

e0368107_22111413.jpg

こちらのバナナチップスはかなりスパイシーなお味で(色もすごいですね。笑)今まで試した中では一番刺激があります。疲れている時、甘いものではなく塩気が効いてパリパリ食感のあるものを食べたくなってしまいます(汗)

こんな感じでさくっと買い物してみた午後でした。お店の名前を見つけられなかったのですけど、レシートにBaalaveera Tradingとありました。絶対覚えられない名前、、



by aya_kit_pa | 2018-10-24 09:00 | お買い物 | Trackback | Comments(0)
e0368107_22025631.jpg

サークルラインのホランドビレッジ駅に出たら、景色が少し変わっていました。

建物の古さが目立ってパッとしなかったランドマークのショッピングセンターがキレイに塗装されており、今度は赤とピンクに。わざわざ色分けされてます(笑)

裏手に建てられた奇妙な形のホランドピアッツァにも行ってみたら、2階は未だにテナントが入っていないようでした。でも1階は賑やかです。


e0368107_22025786.jpg

鐘の音がなるフレンチフライ屋さん、小さなテラス席が出来ていました。落ち着かない場所ですけど。。

e0368107_22031770.jpg

メニューが増えておりホットドッグなんかも。

e0368107_22031797.jpg

そしてお隣になんとチーズタルトのPABLOまで。いつの間に、、

e0368107_22032769.jpg

中に入るとヤクンもオープン。

e0368107_22032647.jpg

そのお隣はどうやら巻き寿司のお店のようです。ほとんど残っていませんね(笑)

e0368107_22033283.jpg

ウィスマ・アトリアのPABLOに寄ったことがなかったので、この機会にテイクアウトしてみました。ワタシがウロウロしている間にオットが買っていたのです。

e0368107_22033231.jpg

ホランドピアッツァに出てくると、フレンチフライ屋さんが妙に気になってしまいます。時々無性に欲しくなるジャンクフード。カリっと揚がった細いフレンチフライが好きです(汗)

あのお店、美味しいのかな?でも店内に席がないのですよね、残念です。。



by aya_kit_pa | 2018-10-22 09:00 | シンガポールの風景 | Trackback | Comments(0)

額縁屋さんへ行ってくる

e0368107_13545551.jpg

初めて額縁屋さんに行ってみました。ネットで検索して出てきたMerlin Frame Makerというお店で、パラゴンの5階にある店舗へ。

ベトナムのフエを日帰り観光した時に、絵葉書より一回り大きいサイズの油絵を2枚購入したのです。観光地のツアーはお土産屋さんに寄るのがお約束ですね。今回はお線香作りの見学がまさにそういった場所でした。

無理にお金を使うことはないですけど、少しでも気に入るものがあれば地元の方の生活を支える一端ともなり、お互いにとって幸せな取引だなと思います。昔は意識していなかったですが、、この旅では油絵を手に取りました。

話を戻してフレームです。

e0368107_13545537.jpg

細めの額縁で、マットの色はオフホワイトに、幅は最小限必要な長さにしたところ見積りが1つ80ドル!油絵はたった700円なので、思わずオットと目を合わせてしまいました(汗)

とは言え、ハガキサイズの絵など引っ越しのタイミングで失くしたり傷んで処分することになるのが目に見えており。。大切に飾りたいので、結局お願いしました。

e0368107_13545549.jpg

そういったわけで、先日我が家にやって来ました。玄関先を模様替え。

e0368107_13545414.jpg

きちんと額装すると雰囲気ががらりと変わりますね。アンティーク調の落ち着いたゴールドのフレームにしてみたのですが、悪くないように思います(笑)

日本に帰ったらアジアンテイストを加えたインテリアもいいかも、、などとぼんやり考えています。具体的なイメージはないのですけど。。



by aya_kit_pa | 2018-10-20 09:00 | お買い物 | Trackback | Comments(0)
e0368107_20560892.jpg

週末にフラトンホテルの1階、コートヤード(The Courtyard)でアフタヌーンティーをいただきました。

宿泊したメンバーは誕生日月にフラトン内のレストランが1 for 1になるそうです。アフタヌーンティーも対象ということで、メンバーの友人が声をかけてくれたのです。

シンガポールにいるうちにこちらも一度は…と思っており、彼女の特典に有難く便乗しました(笑)。週末・祝日ですと本来なら一人$49++なんですね。

e0368107_20560869.jpg


アミューズやスイーツはこんな感じでお代わり自由に。

e0368107_20561366.jpg


クラシカルな3段スタンド。フリーフローの飲み物は変えてもよいと伺い、紅茶をいただいた後にコーヒーも楽しみました。

e0368107_20562244.jpg


サンバルを混ぜた魚のすり身のオタやバームクーヘンみたいなクエラピスなど、プラナカンなものも。

e0368107_20562262.jpg


スコーンはプレーンとレーズン入りの2種類です。大好きな粉ものですが、お腹が膨れるのでレーズンの方だけ、、

e0368107_20562203.jpg

結局全て食べ切れず、お代わりどころか3割ほど残してしまいました。。レモンタルトとフルーツケーキがあるのは嬉しかったです。特にフルーツケーキは久々で。

ラム酒漬けのドライフルーツが詰まったパウンドケーキが好きです。日本のケーキ屋さんなどでは定番の焼き菓子ですけど、こちらではあまり見ないのですよね、、

誕生日月の特典については把握されていないスタッフの方もいて、何度か説明して(←しつこく粘る)チェックを2回ほど出し直していただきました。

ホテルにしては対応がやや残念な印象が残ってしまったのですけど、一人$30でお釣りがきたアフタヌーンティー。楽しく充電した2時間です。



by aya_kit_pa | 2018-10-18 09:00 | シンガポールのハイティー | Trackback | Comments(0)

常備菜と週末ご飯のこと

e0368107_20550116.jpg

先週は珍しく、洋の常備菜を用意しました。キッチン周りの整理整頓とプチ断捨離をしていたら、レーズンがかなり残っているのに気付いたのです。ここで一気に使ってしまおうと、、

それでキャロットラペとカポナータはレーズン入りです。シチリア風のカポナータにはレーズンと松の実を入れるそうです。昔イタリア人の方からレシピをいただきました。

クスクスは中近東のお料理タブーリに。よくパセリやミントが入っていますけど、残っていたバジルで代用してツナ缶も入れたら、オットも嫌がらずに普通に食べていました(笑)。日本の夏でしたら大葉なんかでも美味しそうですね。

週末はこれらの残りが大集合。。

e0368107_20553147.jpg

大好きなブルーチーズはこの日はブルードーベルニュを。

e0368107_20553125.jpg


ヨーグルトとスパイスでマリネしておいたチキンをローストして。

e0368107_20553174.jpg


シャンパンを開けた夜でした。残りものなんですけれど、それでもちょこちょことつまみ、ゆっくり過ごせる自宅の食事は心が安らぐ時間です。



by aya_kit_pa | 2018-10-16 09:00 | 日々の食事 | Trackback | Comments(0)
e0368107_22573183.jpg


例のごとくだらだらと続けている旅行記ですが、、最後はダナンです。インターコンチネンタル ダナン サン ペニンシュラ リゾートに4泊しました。

ソンチャ半島に位置しており町からは少し離れています。我が家は旅の後半は町歩きはせず(フエ観光を除いて)ゆったり寛ぐことを目的にしていました。

緑も海も臨むロケーション、特徴的な建築から充実した設備まで見どころが多いおかげで、4日間いても飽きなかったです。

開放感のあるレセプション棟でチェックインし、ピーチティーのようなドリンクをいただきました。

e0368107_22573118.jpg
e0368107_22573188.jpg

敷地内は土地の高低差で4つのレベル(Sea、Earth、Sky、Heaven)に区分けされており、Skyの客室に滞在しました。

e0368107_22573171.jpg

施設のあちこちに猿のモチーフが見られ、本当に猿が現れます。

e0368107_23002606.jpg

すげ笠のランプがある部屋へ。スリッパを履くと床がツルツル滑るのでそれだけちょっと困りました。。

e0368107_22575926.jpg

ウェルカムチョコレートがありました。テーブルの両隣にはコーヒーマシンや冷蔵庫。

e0368107_22575967.jpg

テーブルの反対側に回るとベッドルームです。

e0368107_22575921.jpg

壁沿いにアンティーク調のクローゼット。スリッパが2種類あり、ビーチ用バッグも付いています。

e0368107_22575990.jpg

バルコニーがかなり大きいです。

e0368107_22575968.jpg


こんな眺めでした。初日は曇っていましたが、、

e0368107_22575984.jpg

バスルームには洗面台が2台あり、ポーチにまとめられたアメニティのキットが。

e0368107_22575915.jpg
e0368107_22581560.jpg

扉も段差もなくお湯が床下に流れるシャワールーム。水圧の調整も温度も問題なかったです。シャンプーやコンディショナー、石鹸はホテル内のスパ、Harnnのもの。

e0368107_22575824.jpg

敷地にはゴンドラが走っています。バギーを頼むよりも移動が早いです。

e0368107_22582223.jpg

こちらはビーチに面したLong Bar。軽食もいただけたようです。

e0368107_22582875.jpg

裏にはジムが。この旅では軽く運動して過ごしました。

e0368107_22583685.jpg

バーとジムの上にはインフィニティープール。

e0368107_09553815.jpg

地上にはファミリープールもありました。

e0368107_22591546.jpg

アジアンレストラン、CITRONでは朝食のビュッフェを。パンやデニッシュの揃えは圧巻です。フォーやシュウマイ、キムチまでありアジアの客層を意識した内容でした。

e0368107_22590301.jpg

数は少ないですが、宙に突き出したようなテラス席が絶景です。

e0368107_22590349.jpg

こちらのマフィンを気に入り毎朝飽きずにいただきました。スタッフの方がカゴに盛られた日替わりのローカルフードも持って来てくださいます。

e0368107_22590327.jpg

ビーチに面したBAREFOOTではイタリアンとシーフードをいただけます。2回利用しました。

e0368107_22594600.jpg
e0368107_22594675.jpg

ミシュラン星付きシェフが手がけるフレンチ、LA MAISON 1888。きびきびと動きの良いフランス人のソムリエールがいらっしゃいました。

ベトナムでは破格ですが、、中国からの方々なども対象にしたリゾートの本格フレンチとなるとこのくらいになるのでしょう。。

e0368107_23000364.jpg
e0368107_23000350.jpg
e0368107_23000305.jpg

スパはタイ発のスパブランド、Harnnです。今回初めて施術を受けました。

e0368107_23005607.jpg


スパのレセプションで冷たいドリンクを。

e0368107_23005771.jpg


施術は離れたコテージで受けるためバギーで移動。

e0368107_23005644.jpg

最後にレセプションに隣接したショップに通され(この流れは上手いです、、)暖かいお茶をいただけます。全身マッサージはレベルが高いように思いました。

e0368107_23012638.jpg


宿泊客の半数以上が韓国人の方ではなかったかと思います。9月半ばは賑わってはいましたが、敷地があまりに広大で騒々しさを感じるほどではありませんでした。

こんな感じでのんびり休息した旅です。ダナンを楽しむというよりは、このホテルを満喫した後半でした、、



by aya_kit_pa | 2018-10-14 09:00 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
e0368107_12012651.jpg

週末にSheraton Towersの地下にある広東料理店、Li Baiで食事をとりました。オットが無性に中華料理を食べたくなったようで、予約を入れていたのです。

引っ越してくる前に一度、シンガポールに来たことがありました。その時にこちらで飲茶のランチをいただいたので2年ぶりの訪問です。

e0368107_12012617.jpg

ネットでは詳しいメニューが出てこないですね。。多彩なコースは確か98ドルからで、1,000ドルを優に超える内容もありました、中華の世界もすごいですね、、

コースの方が選ぶ手間が省けてラクなのですけど、今回はお店の方に相談しながらアラカルトに挑戦してみました。

前菜の海老のサラダはマンゴー、イチゴ、メロンなどフルーツと一緒にさっぱりと。

e0368107_12013226.jpg

こちらの酸辣湯のお味が好きで、もう一度いただきました。スペシャルメニューからはカボチャが器の滋味溢れる海鮮スープを。中華版ブイヤベースみたいです。

e0368107_12013588.jpg

通常メニューの中でお勧めだと伺ったヒレ肉のソテー、黒胡椒とニンニクの赤ワインソース。一見シンプルですが大変柔らかく、味付けもよい塩梅でした。

e0368107_12015067.jpg

野菜はいらないかと聞かれてオットがほうれん草と即答しました。。なぜかほうれん草ばかり食べたがる、、

e0368107_12015039.jpg

スペシャルメニューの蟹肉入りホーファンは土鍋でやってきました。よく見る白いホーファンと違って半透明の麺です。黒酢をかけていただくのが好みでした。

e0368107_12020163.jpg

牛肉や麺などお味が見た目ほどしつこくなく楽しめました。副菜・主菜なんかはポーションを大・中・小と選べるんですね。小をいただいたので2人でもいろいろと楽しめました。最後は苦しかったですが、、

これだけ食しても、結局一番お安いコースより少しリーズナブルだったのは驚きでした。そんな点もまた嬉しいところです。



by aya_kit_pa | 2018-10-12 09:00 | シンガポールのグルメ | Trackback | Comments(0)