日日是好日 in Hong Kong ayakit.exblog.jp

美味しいもの、心惹かれること、ときどき旅の風景。


by aya
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:香港のグルメ( 69 )

赤くて可愛いウクライナ料理店_e0368107_18594030.jpg

友人のおススメで、中環のロシア・ウクライナ料理店、Ivan the Kozakへ。

小綺麗で異国情緒のあるお店でした。赤を基調としており雑貨もファブリックもランプも、いちいち可愛いのです。お手洗いまで可愛かった。

テーブルの並びはいつもどおりだと思いますけど、間隔を開けて座らせていただけました。平日はドリンク付きのランチセットがあります。

突き出しはコールスロー風なサラダ。前菜にボルシチ、メインに鴨の胸肉とリンゴの煮込みを選んでみましたよ。ボルシチはマスト。

トマトの酸味でさっぱりいただけて、日差しの強い夏でもいいなと思いました。

赤くて可愛いウクライナ料理店_e0368107_18594026.jpg

煮込みはお腹が膨れました。お芋も多くて。でもこってり重たいグレービーではなく美味しくいただきました。ご馳走さまです。

ロシアは行ったことがなく旅した気分。週末のランチはアラカルトの営業だそうで、ビーフストロガノフやピロシキがありましたよ。いいなぁ。。

また自由に旅できる日がくるといいですね。今年は見込みなしだな、、一時帰国も諦める(涙)


by aya_kit_pa | 2020-07-25 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
ちょっとラテンなモダンフレンチ_e0368107_19335541.jpg

少し前に、オットの希望でMONOでディナーをいただきました。昨年12月に中環にオープンした小さなレストラン。

オープンキッチンに面したカウンター席はライブ感があって面白いです。ちょっとした実演があったり、珍しい食材は実際に見せてくれたりするのです。

お料理はその日のコースのみ。シェフがベネズエラ出身だとかで、南米のテイストを取り入れたフレンチ。目新しさもありながら洗練されていました。

店内の音楽はなんとレコード。今どき洒落てます。お店の方、すぐそこでセット中。

ちょっとラテンなモダンフレンチ_e0368107_19335598.jpg

クレームブリュレ風なアミューズはケシの実がプチプチ。グリーンピースにはアロエベラとキャビアのソース。見た目とお味にギャップのあるお料理がいろいろ。

重たくなりがちなフォアグラにブラックモレというのが良かった。真っ黒なソースでカカオとチリと胡椒ですって。鳩のお料理は足がつくねみたいでした。

ちょっとラテンなモダンフレンチ_e0368107_19352506.jpg

デザートの前にマテ茶で一息。アイスにマッシュルームがのっていた! へぇ〜、わ〜の連続で楽しませていただきました。ご馳走さまです。

スタッフの方々の動きも良くて目配り上手。ミシュランの星を狙っているのだろうと思いましたが、さてどうなるでしょう?



by aya_kit_pa | 2020-07-19 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21221394.jpg

久々のアフタヌーンティーです。尖沙咀のハーバー沿いに昨年オープンしたホテル、ローズウッド香港の「バタフライルーム」へ。

毎月1日に翌月の予約がとれるとかで、友人が押さえてくれたのです。先月は見事に満席だったみたいですが、コロナが収束してきた反動もあるのかもしれません。

ティールームにはダミアン・ハーストの蝶々が飾られています。ハーストといえばサメのホルマリン漬け。カラフルなソファが貝殻みたいでした。

評判のアフタヌーンティーは量が贅沢。最初にチキンとマッシュルームのパイ、サンドイッチ4種、スコーン2種がサーブされ、スイーツは好きなだけ。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21223998.jpg

カートが回ってきました。フルーツを使ったものやペイストリーなど。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21224809.jpg

全部一つずつ友人とシェア。とてもとても食べきれず。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21225140.jpg

なんと第2弾! お次はチョコレート系。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21225607.jpg

心はウキウキ、目は欲しているのですけど少しだけ。カヌレ嬉しいです。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21225682.jpg

きっかり2時間で最後が駆け足。これだけが残念。でも落ち着いた雰囲気でお味もなかなか、欲張りなアフタヌーンティーでした。ごちそうさまです。

ティーラウンジの前の象が巨大でした。館内はアート作品が多いそうです。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_00123108.jpg

せっかくなので、移動してきたブルース・リーをちらっと。筋肉がリアル。。

ローズウッドのアフタヌーンティーへ_e0368107_21230288.jpg

九州のニュースに胸が痛みます。コロナに続き豪雨災害。被災地の一日も早い復旧・復興を祈ります。


by aya_kit_pa | 2020-07-09 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
お洒落フードコートがオープン_e0368107_18343801.jpg

中環のオフィスビル、Jardin House(怡和大廈)の地下にBasehallというフードコートができました。

女性経営者の設計事務所がデザインされたとかで、先日ちらっとのぞいてみました。上環のベトナム料理屋さんも入っており、さくっとランチ。

11時半前にお邪魔したのでガラガラ。香港はウィズコロナの日常が回っています。通勤者が増えたのでオフィス街のランチタイムは避けたいところ。

フードコートは温もりを感じる色使いがお洒落でした。入り口側がバーで、その先の階段を降りると飲食店が一列に。すっきりスタイリッシュ。

7〜8店舗しかなかったですけど、こんな感じでまとめて見られるのは合理的。

お洒落フードコートがオープン_e0368107_18343978.jpg

うわーコップが北欧風(と思う)。琺瑯かな。テイクアウトの紙袋と同じデザイン。

お洒落フードコートがオープン_e0368107_18343841.jpg

ランチはCo Thanhへ。ブロガーさんの記事を拝見して久しぶりにバインミーの気分でした。日本のお話ですけど(笑)

お洒落フードコートがオープン_e0368107_18344489.jpg

こちらは目玉焼き入り。お野菜が多くて嬉しいですが卵がまさかの半熟。ぎゃっっ!

お洒落フードコートがオープン_e0368107_18344424.jpg

写真を撮っている間に黄身が滴り落ちてきました。。手が汚れましたけどパンはサクサク、味付け控えめで美味しかったです。ごちそうさまです。

夜は天井がライトアップされて音楽も流れるのだとか。ナイトクラブ風? どうなんでしょうね。お昼でも十分に異色のフードコートでした。


by aya_kit_pa | 2020-07-05 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
Blue Bottle Coffee 香港に上陸_e0368107_17531919.jpg

中環のCassinaのビルにBlue Bottle Coffeeがオープンしていました。いつの間に。。

先日の続きですが、お買い物を終えてルンルンで通り過ぎたら景色が違っていたのです。青いボトルのデザイン、ドアの脇に。分かりにくい。

フルーツジュースでも買って帰ろうと思っていましたがもうヤメ。喉カラカラ。ガラス越しにのぞき見したら、オーダー待ちのお客さんが少なくて。

平日の中途半端な時間だったからでしょうね。レジの方曰くオープンしてまだ2か月なのだそうです。週末はもっと混雑しているはず、、

コールドブリューを待っている間に1階のカフェスペースをちら見。

Blue Bottle Coffee 香港に上陸_e0368107_17530474.jpg

ドリップは1階? どうなってるの。エスプレッソマシーンを使うドリンクと食べ物はGFから1階まで運ばれていました。お皿は1階で洗うオペレーションらしいです。

スタッフの方が階段を激しく往復されていました。何かのトレーニングみたい。オーダーを上に運んで器を持ち帰る、の繰り返しなんです。スゴイ…

コールドブリューはテイクアウトしました。清澄白河のフラッグシップ店でいただいて以来。

Blue Bottle Coffee 香港に上陸_e0368107_17530425.jpg

酸味が強いアイスコーヒー。サードウェーブの浅煎りってこういう感じが多いのでしょうか。4年ぶりなので懐かしくいただきましたよ。ごちそうさまです。

こちらはおまけ。ヒルサイドエスカレーター、柱までデザインが入っていました~

Blue Bottle Coffee 香港に上陸_e0368107_17531945.jpg

久々に歩くと新鮮ですけど汗じっとり。日中30度超え、湿度75%超え。茹でタコになりそうです。マスクがしんどい時期ですが、楽しい週末をお過ごしください。


by aya_kit_pa | 2020-06-27 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
ワゴン式飲茶の老舗 蓮香樓へ_e0368107_20105284.jpg

週末の話ですが、ワゴン式飲茶の超有名店へようやく。

中環と上環の間にある蓮香樓(リンヒョウラウ)、いつかそのうちと思っていました。評判どおり英語がほぼ通じないですが、このローカル感が面白かった。

お昼時にお邪魔したらお客の年齢層が高く、地元密着な雰囲気でした。新聞を広げる男性がちらほら。入口で熱は測りましたけど、3密微妙な空間。

でも運良く角の席に案内され相席もなかったです。コロナ禍前は観光客も多いはず、もっとごった返して活気があったのでしょうね。

洗い場(?)をちらり。蒸籠もこれだけあると桶に見えます。ワオ。

ワゴン式飲茶の老舗 蓮香樓へ_e0368107_20105225.jpg

器やレンゲをお茶で洗うのは未だに慣れません。地元の方は手際よく豪快にガチャガチャ洗っておられますが。

ワゴン式飲茶の老舗 蓮香樓へ_e0368107_20105247.jpg

ワゴンが来たら蒸籠を開けてもらい中を確認。欲しいものを指差し。伝票にハンコ。分かりやすい蒸し物ばかりいただきました。

皮に米粉を使ったもの、もちっとして好きです。腸粉は柑橘の爽やかなお味がしました。おこわに黄身の塩漬けが丸ごと入っており、こちらだけ除いていただく。

ワゴン式飲茶の老舗 蓮香樓へ_e0368107_20105204.jpg

ローカル店は落ち着いて食事する雰囲気ではないので、ちゃちゃっと食べてすぐにお腹いっぱいになってしまいます。2人ですといろいろ楽しめないのが残念。

繊細なホテル飲茶と違って素朴でほっとする美味しさ。名の知れたところはちゃんと具沢山でお味も安定していますね。ご馳走さまです。

こちらはおまけ。夕方、にわか雨の光景に呆然、、天空のカーテン!

ワゴン式飲茶の老舗 蓮香樓へ_e0368107_20110054.jpg

ものすごいスピードで迫ってきたのですよ。これだけハッキリ見たのは初めて。映画みたいで驚きました。すぐに止みましたけど(笑)


by aya_kit_pa | 2020-06-17 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
お洒落ビストロで丸ごとチキン_e0368107_18143736.jpg

中環のPMQに昨年夏にオープンしたというカジュアルフレンチ、LOUISEへ。ディナーをいただきました。

シンガポールの星付きフレンチODETTEのシェフが、香港でいくつか有名店を手掛けるJIAグループと展開されているのだとか。

丸鶏を使ったローストチキンが名物だそうで、これが美味しかったのです。リラクシングな雰囲気でホスピタリティも良かった。

素敵な邸宅にお呼ばれしたようなメインダイニング。席を間引いてます。このあと満席に。

お洒落ビストロで丸ごとチキン_e0368107_18143779.jpg

うっかりアミューズの写真を撮り忘れましたが、ムースとトマトゼリーの二層仕立てでした。前菜は控えめ(のつもり)に。鍋敷きにほっこり~

お洒落ビストロで丸ごとチキン_e0368107_18143846.jpg

くだんのローストチキン、皆さん頼まれていました。目安は2~4人分とのことでしたが、男性のいる4人グループですと恐らく小さい。

ハーブで香り付けしてあっさり仕上げており、鶏のお出汁を使った炊き込みご飯とシンプルなサラダが付いてきます。

お洒落ビストロで丸ごとチキン_e0368107_18161994.jpg

最後のプチフールは一口サイズのカヌレでした。これ好きなんです、、

お洒落ビストロで丸ごとチキン_e0368107_18161914.jpg

シンガポールのチキンライスをフレンチ風に解釈したようなお料理だと思いましたが、オットは定食みたいだと言い大喜び(笑)

アジア人の口に合うようにライトにアレンジしたビストロ料理という感じで、ついつい食べ過ぎました。ご馳走さまです。


by aya_kit_pa | 2020-06-07 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
お花屋さんのあるベジカフェ_e0368107_19465365.jpg

仕事のお休みがとれた友人と嬉しい再会。3か月ぶりのランチです。

湾仔街市(マーケット)の向いにあるOVO Cafeを訪れました。こちらのお店、健康志向なメニューがウリだそうですが雰囲気もまたナチュラル。

お花屋さんが隣接しており、緑をあしらった目に優しい内装でした。盆栽のディスプレイがあったり上から植物が吊るされていたり。

この建物も昔は街市だったのだとか。一番乗りでしたのでお写真を。一時にもなると女性客ばかりでしたよ。

お花屋さんのあるベジカフェ_e0368107_19465359.jpg

この日のハイライトは素敵なインテリアよりも食の初体験(笑)

「代替肉」を使ったベジバーガーをいただいたのです。ここ最近、”Impossible Burger"とか呼ばれているようで目にすることが多いのです。

こちらをオーダー。パテの詳細までは分からず。

お花屋さんのあるベジカフェ_e0368107_19465222.jpg

さてこのお味ですが。パテの食感はお肉そのもの! 噛みごたえがそっくりで驚きました。でも口に入れる前にお豆のような香りがきます。味わいも淡泊。

お花屋さんのあるベジカフェ_e0368107_19465282.jpg

黄色いフィリング、パイナップルです。パテがあっさりなせいかフルーツの酸味に負け気味でしたが、このベジバーガーはアリ。ご馳走さまです。

胃の辺りが軽かったのはパテのおかげなのかフレンチフライがなかったからか、、後者のような気もします。お芋出てくると止まりません(汗)


by aya_kit_pa | 2020-06-03 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)
日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19163695.jpg

先日の続きです。乾麺屋さんに寄る前にFive Guysへ。中環にも店舗がオープンしましたが一号店の湾仔で。

アメリカ・ヴァージニア州発のハンバーガーチェーン店で、ここ数年勢いがあるらしいです。オバマ前大統領が訪れたという触込みで香港でも有名で。

バーガー&フレンチフライはたまに自分に許すguilty pleasure。感謝の気持ちで楽しくいただけば身体にも悪くないはず(←そんな訳ないですが念じる)

こちらのお店、サブウェイみたいなカスタマイズ系でした。チーズやベーコンなどベースのバーガーを選び、あとは自由にトッピング。

日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19163633.jpg

店内はL字型になっており広い。テーブルは一つ飛ばし。

日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19164775.jpg

フレンチフライのラージ、恐らく4人分です(笑)。塩気も油っぽさも控えめでお芋そのもののお味。こちらの名物なのだとか。

日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19165193.jpg

アルミでくるまれたハンバーガー。一見ぱっとしないですけど中身を支えやすくて食べやすいと思いました。

日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19170254.jpg

チーズバーガーにレタス、ピクルス、マヨ、マスタードを足しました。薄いパテが2枚入っておりこちらもまた薄味。バンズ、いい感じにしなってます~

日本未上陸ジャンクフード_e0368107_19170299.jpg


Shake Shackよりもジャンク感があるのに素朴なので面白かったです。本国では保存料・冷凍モノを使っていないのがウリだそう。ご馳走さまです。

有難いことに今は基礎疾患などなく生活。日常の食事はほどほどに気にしつつ、たまにガス抜き。でもフレンチフライは残しましたよ。頼み方間違えました(笑)


by aya_kit_pa | 2020-05-28 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)

食堂みたいなお粥屋さん

食堂みたいなお粥屋さん_e0368107_14054847.jpg

昨日の続きですが、Fortnum & Masonに寄る前にちゃちゃっとランチ。洪利粥店茶餐廳(Hung Lee)でお粥をいただきました。

尖沙咀では評判が良さそうだったのです。B級グルメとなると、だいたいお粥と麺の繰り返し。何か用事で出るときがチャンス。

店内は奥にかなり細長く食堂風な造り。壁側にテーブルが並んでいて妙に既視感がありました。こんな雰囲気のお店、日本にもあるような。

英語のメニューがありましたよ。お粥だけでなく麺料理やちょっとした副菜も充実しており、ますます食堂みたい。

食堂みたいなお粥屋さん_e0368107_14054868.jpg

ローカル食では、得体のよく分からない白身魚のスライス入りは避けてしまいます。有名店では臭みもなく美味しいのだろうとは思いますが。

お粥も麺もトッピングはあえてお肉、つみれ、練り物ばかり。この日は気分を変えて鮑なんて選んでみましたよ。

食堂みたいなお粥屋さん_e0368107_14054828.jpg

中からごっそり出てきました~

食堂みたいなお粥屋さん_e0368107_14054703.jpg

生姜の千切りが入っていましたが、お出汁もよい塩梅で生姜風味。優しいお味ながらぼんやりした感じがなく好みのお粥。ご馳走さまです。

毎度のことですがお腹が膨れて完食できず(←鮑は食べ切る)。お買い物を済ませて自宅に戻ったところであぁやっぱり。

小腹が減るのですよね、必ず。いただいたトリュフチョコを開けました(笑)



by aya_kit_pa | 2020-05-20 09:00 | 香港のグルメ | Trackback | Comments(0)