日日是好日 in Singapore ayakit.exblog.jp

美味しいもの、好きなこと、旅の風景。日々の暮らしの備忘録。


by aya
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:シンガポールのホーカー( 31 )

e0368107_01564758.jpg


久しぶりにイケアまで出た日に、ご近所のホーカーABC Brickworksに寄りました。機会があれば一度、、と思っていた112番のJason Penang Cuisineへ。

ペナン出身のご夫妻が切り盛りされているそうで、ペナンラクサ(アッサムラクサ)とペナン流ウランミーをいただけるんです。どちらにしようか迷い、小さい3ドルのラクサにしました。

e0368107_01564771.jpg
e0368107_01564704.jpg

たっぷりの魚のほぐし身に、角切りのパイナップル、きゅうり、ミントの葉。けっこうしっかり辛さが効いており汗ばんでしまいました。ココナッツミルクを使った定番のラクサはいつもスープをほとんど残してしまうのですが、、アッサムラクサの独特の酸味はちょっとクセになってしまいます。

e0368107_01570531.jpg
e0368107_01570543.jpg

張り切って135番で包子もいただくつもりだったのですが、なんとお休み!下調べの詰めが甘いとこういうことになりますね(涙)。残念でしたが食べ過ぎ防止になりました。。

e0368107_02075313.jpg

続いてその向かいのマフィン屋さんへ。オープンしてまだ一年ちょっとのストールみたいです。好きなフルーツやナッツ系のものが並んでおり、4つ買っていきました。お値段は$1.5~$1.8くらいでした。

e0368107_01573565.jpg
e0368107_15551187.jpg

シグネチャーだと伺ったLemon Herb CranberryとSunflower Mixed Fruit、Coffee Walnutを。マフィンは手でちぎってもホロホロ崩れずしっとりまとまった生地で、凝り過ぎていないものが好きみたいです。口当たりが良くて空気感もあり、好みのタイプでした。

e0368107_01573534.jpg

この日はイケアで、こまごまとした日用品や掃除道具を買い替えました。別にイケアでなくてもいいのですけど、使い続けているものなので落ち着きます。義理の母が泊まりにくる前に掃除に励まねば、、


by aya_kit_pa | 2018-12-17 09:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_14365849.jpg

今日は最近記憶に残っているライスヌードル、ホーファン(Hor Fun)の記録です。

少し前の話ですが、Ghim Moh Mkt & Food Ctrで気になっていた56番のストールに寄ってみました。名前は長いので割愛、、(汗)

12時前で長い列が出来ていましたが手際が良くさくさくと進み、待ったのは5分程度です。トッピングの種類に関わらず一律5ドルで、この日は一番人気だという牛肉を。

スープが2種類。海老や魚入りですと白っぽい方のスープになるみたいです。

e0368107_14365712.jpg

きしめんよりも太く歪な形の麺はかなりもっちり。こちらのビーフホーファンはダークソースを使ったしっかり濃厚なスープではないのが有難いです。

麺を鉄鍋に焼き付けた時のwok heiのスモーキーな香りが時々ふっと鼻を抜けていきました。油っこさやしつこさがなく食べ疲れしないのが良かったです。

e0368107_14372863.jpg
e0368107_14372761.jpg

もう1つはマカンストラ掲載のTuck Kee Ipoh Sah Hor Fun。Hong Lim Mkt & Food Centreの2階、40番のストールです。マレーシアのイポーはホーファンが名物なんですね。

e0368107_12291786.jpg

ホンリムが11月〜12月末までクローズすると教えてもらい、こちらは今年中に、、と慌てて立ち寄りました(汗)。3時の閉店間際で空いており、ささっと注文。

メニューはこんな感じでシーフードとチキンです。9ドルのクレイフィッシュ入りを頼みたいと思っていました。

e0368107_12291768.jpg

今までずっとイポーのホーファンはスープに特徴があると思い込んでいたのですが、違いは麺になるのだそうで。。同じ米粉でも、こちらはつるっと喉ごしのいいうどんみたいなのです。

麺は普通でしたが、海老の出汁が効いたとろみのあるスープがプラウンミーの姉妹のような、少し丸みのある味わいで食べやすかったです。海老とクレイフィッシュもなかなか立派ですよね。

e0368107_12294764.jpg
e0368107_12294865.jpg

そんな最近のホーファン食べ比べの旅です。しかし、、汁麺をいただくとやはり暑いですね。汗がにじみ出て困ります(汗)


by aya_kit_pa | 2018-11-05 09:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)

蝦麺を食べ比べ

e0368107_12542307.jpeg

かなり前のことですが、ようやくプラウンミーを食べてみました。ブギスのBeach Rd.沿いの有名店、あのBlanco Court Prawn Meeに行ったのです。

それで後日、MRT カラン駅から歩いてすぐのJalan Sultan Prawn Meeにも。こちらも美味しいと聞いたのです。

メニューはこんな感じで、オーソドックスに一番左の6ドルのものをいただきました。

e0368107_12543796.jpeg

併設の揚げ物屋さんは別払いです。ローカルの方々はプラウンミーと一緒に食べられることが多いそうで。

e0368107_12545329.jpeg

別で頼んだフィッシュボールとノーヒャンはカットしてテーブルに持って来てくださいました。

e0368107_12550409.jpeg

少し赤みがかったスープ。海老の頭や殻(と豚骨も?)からとったお出汁は日本人の口に合いますね。お味がハッキリしていて、さらっとしたラーメンをいただく感覚に近いような、、

e0368107_12551545.jpeg

ビーチロードの方でも同じ揚げ物をいただいたのですが、こちらの方が食べやすかったです。弾力が強すぎず、脂っこさも控えめに感じられました。

e0368107_12552692.jpeg

さて、Blanco Court Prawn Meeの方では。豚肉も入ったスープとドライを両方頼んでシェアしてみました。

e0368107_15381005.jpeg
e0368107_15381904.jpeg

Blanco Courtはきりっとシャープで男性的。カランのJalan Sultanはもう少し柔らかさがあり女性的。特に冷めたスープを口にした時にそう感じたのですが、、あくまでイメージです(汗)

そんな、ここ最近の蝦麺の旅です。やっておきたかったことをまた1つ終えたのでした。


by aya_kit_pa | 2018-09-08 09:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_14305128.jpg

先日、People's Park Complexの金鳳美食へ冷凍餃子を買いに行くときに、ご近所の大型ホーカーHong Lim Food Centreへ立ち寄ってみました。

機会があれば一度…と思っていた麺料理、カレーヌードルをようやく試してみたのです。行ってみたのはマカンストラで箸6本のHeng Kee Curry Chicken Bee Hoon Mee。

Upper Hokien St.から向かうと分かりやすかったです。531Aのブロックから中へ回るとすぐ目に入る58番のストールでした。

用心して11時過ぎに向かったので思っていたほど行列にはなっておらず。この一角はどのテーブルもカレーヌードルを食べられる方ばかりでした。

e0368107_14305104.jpg

大量のチキンが山積みに(笑)。5ドルの一番小さいサイズをいただいてみました。

お皿に麺を盛っている女性から中国語で何か聞かれて、よく分からず適当に頷いてしまいました。そうしたらコシのある黄色い太麺とラクサと同じ白い麺がミックスに!

麺が3種類あることに後から気付きました(笑)。このミックスが定番なのかよく売れており、中には極細ビーフンだけで注文されている方も。

e0368107_14305931.jpg
e0368107_14305987.jpg

やってきたカレーヌードルはこんな感じです。一番小さいサイズでさえ、それはもう具沢山。

茹でチキンは骨ありと骨なしのどちらも入っており、チキンライスの小サイズくらいありそうでした。油揚げの量にも注目(笑)。フィッシュケーキやじゃがいも、もやしまで。

e0368107_14310845.jpg

ラクサほど辛くないような気がしました。カレーのパンチでマスキングされるせいか、ココナッツミルク特有のマッタリ甘やかな風味も気にならず、食べやすかったです。

こんなさらっとしたカレースープですと、細いビーフンでも合うのかもしれないですね。スープが染みてくたくたになった油揚げがいい感じです。食べきれませんでしたが。。

e0368107_14310747.jpg

お隣に座られていたご夫婦の男性は、もう20年こちらに通われていらっしゃるそうで。息の長いストールなんですね。食べ終える頃には長蛇の列が出来ていました。

カレーヌードルは良かったのですが、この時期のHong Lim Food Ctrはちょっとツライですね。風通しが悪いですからファンが回っていてもさすがに暑いです。。

熱々のヌードルを食べた後は目も当てられないほど汗だくになってしまいました(汗)



Heng Kee Curry Chicken Bee Hoon Mee
531A Upper Cross St., #01-58, Hong Lim Food Ctr
Singapore 051531



by aya_kit_pa | 2018-04-29 10:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_12010465.jpeg

昨年下旬はラクサやローミーなど麺類を楽しんでいたせいか、今年に入ってからはすっかりパン類に傾倒しています。時々ふらり、ロティプラタを巡る旅。

最近訪れてみた中でも印象に残っているのがSin Ming Roti Prataです。マカンストラ掲載店ではないのですが、人気店の1つなのだとか。。

サークルラインのメリーマウントからはかなり距離があり、バスを使うのが現実的な場所でした。Upper Thomson Rdから一本入った、Sin Ming Rd沿いのHDBの1階です。

ブロック24の建物を正面向かって右手に一番奥までしばらく進むと、突き当りにコーヒーショップが出現。その中のストールでした。

清潔感のあるコーヒーショップで天井にはファンもフル稼働。意外と涼しかったです。

e0368107_12011892.jpeg
e0368107_12013030.jpeg

プラタはプレーンとチーズをいただいてみました。マトンカレーも頼んで全部で7ドル。今から焼くからちょっと待っていてねと言われ、近くのテーブルで待機。

e0368107_12014723.jpeg

プラタもお店それぞれの個性があって面白いですね。こちらのものはカリカリというよりもパリパリ、サクサクなんです。

しっかり焼かれて所々焦げた風味もあり香ばしかったです。中はむっちり、噛みしめると粉の甘みもじわっと広がり好みの味わいでした。

マトンカレーはポテト入りでした。スパイス感が強くけっこう辛かったですが、お肉も柔らかくて大満足です。

e0368107_12020141.jpeg
e0368107_12021228.jpeg
e0368107_12022268.jpeg

これより前にプラタのお店を3店ほどチャレンジしていました。ちょっとオイリーだったり、逆にクレープのようにあっさりしていたり、作り置きを温められただけだったり。。

好みの問題ですが、なかなか自分の中でピンとくるものに巡り合えていなかったので、この日は嬉しいランチでした。

日本にいた頃はインド系の粉モノと言えばナン!チーズやオニオンなどバリエーションを楽しんでいたくらいですので、パイ生地のようなプラタが新鮮です。



Sin Ming Roti Prata
24 Sin Ming Rd., #01-51 Jin Fa Kopitiam
Singapore 570024




by aya_kit_pa | 2018-03-26 10:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_22432488.jpeg

かなり前のことですが、久々にカトンへ出掛けました。まずはプラタ屋さんで早めのブランチを頂くことに。

行ってみたのはマカンストラで箸5本を獲得しているMr & Mrs Mohgan's Super Crispy Roti Prataです。お店の名前とても長いですね。

プラタ一筋30年というベテランのMr. Mohganさんが、ご自身で生地を仕込み焼き上げているお店なのだそうです。Crane Rd.とOnan Rd.の角にあるコーヒーショップでした。

こちらのストール、看板がありません。。成型前のパン生地がたくさん並んでいましたので、その場にいた男性に、モーガンさんでしょうか、、と念のため確認しました(笑)

透けるほどに薄く伸ばした生地をささっと折りたたんでいく作業は、まさに職人技ですね。

e0368107_22434463.jpeg
e0368107_22435513.jpeg

マカンストラによると毎月1週目と3週目の火曜・水曜が定休日なのですが、どうやら今は異なるようです。

モーガンさん曰く、お店を閉める日は毎月違うのだとか。店内にお休みのお知らせが貼られていたのです。FBとかで営業日を確認してねということでした。。

e0368107_22443604.jpeg

プレーンとチーズのプラタ、マトンカレーを頂きました。全部で5.8ドルとお安いです。

プラタは油を回しかけて焼きますので揚げ焼きに近い状態になりますが、こちらのものは表面がカリッカリ。見事にクリスピーです。塩気がしっかり出ている生地でした。

マトンカレーもまた美味しかったです。スパイスのコクと辛みのバランスが良いなと思う滑らかなグレービー。お肉もホロホロでした。

e0368107_22451250.jpeg
e0368107_22444996.jpeg
e0368107_22445973.jpeg


粉モノ巡りは、日常のちょっとした楽しみの1つです。

このところ、一番オーソドックスなプレーンプラタとマトンカレー(一緒に頂きたくなるのです。。)のどちらにも満足できるお店を探索中です。


Mr and Mrs Mohgan's Super Crispy Roti Prata
7 Crane Rd., Singapore 429356
TEL: +65 9794 3124



by aya_kit_pa | 2018-03-09 12:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_10383003.jpeg

少し前に、友人とゲイラン地区まで足を運びました。訪れたのはクレイポットライス(土鍋で炊き上げた釜飯)の有名店、Geylang Claypot Riceです。

こちらのお店はクレイポットライスを予約しておけるということで、事前に電話を入れておきました。

ホーカーのストールなんかで頂くものでもだいたい20~30分かかってしまいますので、予約が可能なお店は有り難いですね。

でもうっかり「2名で行く」としか伝えておらず、当然ながら2人分の量となってしまいました。。ボリューミーなので、副菜を試すところまではいかず(涙)

コーヒーショップ的なオープンエアのお店だと思っていたら、左隣に空調の効いたダイニングスペースもありました↓。

e0368107_10384350.jpeg

12時に着いたところ一番乗りでした↓。というわけで大きなテーブルにぽつんと2人。。

e0368107_10385771.jpeg

ドリンクのオーダーを入れた途端に、待ちかまえていたかのように熱々の土鍋(2人分で約$13)が出てきました(笑)↓。予約の効果は絶大です。。

鶏肉と2種類の中国ソーセージがどっさり。お店の方にお願いすると、醤油風味のタレをかけて手早く混ぜ合わせてくださいます。

e0368107_10391045.jpeg

別添えのチリソースなどを好みで合わせて楽しみました↓。下味の付いたチキンもちょっと甘めの中国ソーセージも柔らかく、カリカリのおこげも香ばしかったです。

以前別のお店(ホーカーのストール)で頂いたものよりも箸が進みました。ライスの風味が単調でなく、ソーセージもよりしっとりしていたような。。

e0368107_10392287.jpeg

この日は洋参入りの菊花茶($3)も初めて頂いてみました↓。菊花茶と言ってもほぼジュースなんですね(笑)。でも甘ったるさが残らず飲みやすかったです。

e0368107_10393478.jpeg

女性何人かでクレイポットライスを頂くなら、量を1人分減らしてもよいくらいですね。。ワタシの機転が効かず頼み方を失敗しました(汗)

さすがにお米は食べきれなかったものの、トッピングは見事になくなったランチです(笑)



Geylang Claypot Rice
639 Geylang Rd., 389570
TEL: +65 6744 4574



by aya_kit_pa | 2018-02-10 11:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_23333798.jpeg

少し前の話ですが、友人と久しぶりにオールドエアポートロード・フードセンター(Old Airport Rd. Food Centre)を訪れました。MRT ダコタ駅からすぐの大規模なホーカーズ。

初めてChar Kway Teow(チャークイティオ??通称CKT)に挑戦してみました。短めの平たい米麺を海老や貝などと一緒に甘めの味付けで炒めたというローカル料理です。

行ってみたのは138番のDong Ji Fried Kway Teow↓。マカンストラで箸5本のストールで、お昼時には決まって行列ができているストールです。

e0368107_23340894.jpeg

よほどの人気店なのだろうと思っていたのですが、今回並んでみて別の理由もあることが分かりました。お店の方が一度に作られる量がせいぜい2人分なのです(笑)

2人でシェアするので大きいサイズ($4)を選んでみました↓。きし麺のようなフラットな米麺に細くて黄色い麺も混ぜていました。

e0368107_23342197.jpeg

それからもう1つ、斜め向かいの122番のストール、Yan Ji Seafood Soupへ↓。シンガポールの北部、Woodlandsで有名な海鮮スープのフランチャイズ店なのだそうです。

e0368107_23343659.jpeg

ポーションや具の種類によっては10ドル超えます↓。ホーカー食としては値が張る方ですが、こちらもランチタイムは長蛇の列でした。

身がむっちりとした大きめの海老、クレイフィッシュが入っている真ん中のサイズ($12)を選んでみました。

e0368107_23345317.jpeg

やって来たCKTと海鮮スープのランチです↓。麺と汁もの、なかなか良い組み合わせでした(笑)

e0368107_23352482.jpeg

CKTは見た目通りのお味でシンガポール風焼きそばといった感じでしたが、ちょっと意外だった点がありました。スモーキーな風味が強く感じられたのです。

中華鍋で高温で調理されたヌードルに付くこのおこげのような(?)風味をwok heiと言うのだそうですね。ワタシはこのwok heiが強く出ているものが好みのようです。。

e0368107_23354515.jpeg

具だくさんな海鮮スープはアジアンなブイヤベースみたいでした↓。シーフードだけでなく自家製のパテまで入っており、かなり濃厚な味わいなのです。

ゴクゴク飲むというよりはパンに付けて頂きたいようなスープでした。バインミーに使われるソフトバゲットなど合うのではないか、などと友人と話していました(笑)

e0368107_23355680.jpeg


CKTはホッケンミーと並んで国民食的な位置付けのようで、大きなホーカーズですとストールが複数ありますよね。

たくさんあり過ぎるせいか今まであまり食指が動かなかったのですが。。(汗) 定番のものほどストールの個性が出るのかもしれないですね。

機会があれば、また別のCKTを試してみようと思ったランチです。


51 Old Airport Road Food Centre
Singapore 390051



by aya_kit_pa | 2018-02-01 19:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_13573312.jpeg

先日、久々にチキンライスを頂きました。訪れたのはホランドビレッジ駅から徒歩5分ほど、少し中途半端な場所にあるSin Kee Famous Cantonese Chicken Riceです。

マカンストラで6本箸なので、オットも興味を持ったようです。ちなみに「Uncle Chicken」という箸5本のストールも掲載されており、こちらはお兄さんのお店なのだとか。。

駅の目の前を走るHolland Ave.をブオナビスタ方面にしばらく進むとHDBが連なる一角があり、ブロック40の1階にあるコーヒーショップでした。

テーブルと椅子が新調されたのか、比較的きれいで清潔感があります↓。天井には等間隔でファンが回っており、この日は大変暑かったですがわりと快適で助かりました。

e0368107_13580207.jpeg

この方が中華包丁で豪快に鶏肉をチョップされていました。。↓ 

感じのよい気さくな方で、ストールの写真を撮ろうとしたワタシに気付くとチキンを1羽つかんでポーズをとってくださいました(笑)

e0368107_13582452.jpeg

チキンライスは3サイズです↓。一番大きいもの($4.5)と小さいサイズのもやし($3)も頼んでみることに。

e0368107_13585369.jpeg

定休日は月曜日で、予約もできるようです↓。テイクアウトの方も多い印象でした。11時半過ぎに着いたところライスだけ品切れで、炊きあがるまで10分ほど待ったのです。

e0368107_13591310.jpeg

チキンにはソースを2種類かけていました↓。

e0368107_13593370.jpeg

チキンライスともやしはこんな感じでやって来ました↓。添えのソースが3種類あります。

e0368107_13594627.jpeg

骨なしのチキンが2段重ねに↓。柔らかいお肉はあっさりしており、鶏肉の出汁がしみ込んだライスの風味も良かったです。

シンプルなもやしも箸が進みました。注文したオット曰く、チキンを茹でてとったスープでさっとゆがき、何かタレを回しかけていたようです。

e0368107_13595709.jpeg

ホーカー系ですとMaxwell Food Centreにある天天海南鶏飯(Tian Tian Hinanese Chicken Rice)がとても有名ですが。。こちらも美味しく頂きました。

でもオットと2人でシェアしてしまったため、少し物足りなかったです(笑)。真ん中のサイズをそれぞれ注文するべきでした。。

人数の多いテーブルではクオーターやハーフのチキンとライスを別々で注文されていました。この頼み方ですと、お肉はやはり骨付きになるようです。


Sin Kee Famous Cantonese Chicken Rice
Chang Chen Mee Wah Coffeeshop
Blk 40 Holland Drive, Singapore 270040



by aya_kit_pa | 2018-01-30 10:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)
e0368107_14405946.jpeg

友人に教えてもらい、ブギスにある海南カレー(ハイナニーズカレー)のお店に一緒に行ってみました。マカンストラで箸4本のEleven Finger (Eu Kee) Scissors Curry Riceです。

マカンストラでは"Chap Chye Rice"と記されており不思議だったのですが。。くたくたに煮込んだ(?)キャベツ(チャプチャイ)をトッピングすることが多いのだそうですね。

お目当てのストールは3838 Eating Placeというコーヒーショップの1角に。Queen St.を挟んだBugis+の真向かいに位置し、Queen St.側から入ると直ぐでした。

こんな大きなお菓子屋さんの左隣です↓。コーヒーショップ自体が大通りからは見えにくい構造で、最初は素通りしてしばらく迷ってしまいました。。

e0368107_14412315.jpeg

一見何だかよく分からないトッピングが並んでいます。。↓

一番右は目玉焼きで、中央は魚のすり身を使ったさつま揚げのようなものでした。奥にはなんと、湯葉を使ったノーヒャン(ngoh hiang)まであります。

e0368107_14414034.jpeg

こちらはなんとお豆腐です↓。すごい量ですね。。肉類では豚肉やチキンウィングなどがありました。

好きなだけトッピングを選ぶと、お店の方がそれらを手早くハサミでじょきじょきカットして盛ってくださいます。チキンウィングまでカットされていました(笑)

e0368107_14415490.jpeg

やって来た海南カレーは全体的にまっ茶色↓。このごちゃごちゃ感と色味には軽く衝撃を受けます。。(笑)

ワタシはポーク、さつま揚げ風のもの、ノーヒャン、チャプチャイを入れてみました(写真下)。それぞれのお値段がよく分からないのですが、これだけ入れても$5.2です。

e0368107_14421485.jpeg

ソースが3種類あり、ベースになるカレーグレービー+お豆腐を煮込んだ黒っぽいソース+チリの風味が出たソースでした↓。自己流で混ぜていろんな楽しみ方ができるんですね。

カレーグレービーが日本のお蕎麦屋さんのカレーを思い出すようなお味で、なんだか懐かしかったです。でもそのままよりも、他の2つのソースを適度に合わせて頂くのが好みでした。

e0368107_14422673.jpeg

カレーライスというよりもカレーソースに絡めた具を食べているという感じでもあり(笑)大変お腹が膨れました。1つ1つのトッピングがすごいボリュームなのです。。

食べきれませんでしたが、久しぶりにエスニックではないカレーを美味しく頂いたランチです。海南カレーのソースはお店ごとに個性があるようで、少し興味がわいたのでした。



Eleven Finger (Eu Kee) Scissors Curry Rice
269B Queen St., #01-235 3838 Eating Place
Singapore 180269



by aya_kit_pa | 2018-01-18 11:00 | シンガポールのホーカー | Trackback | Comments(0)