日日是好日 in Singapore ayakit.exblog.jp

美味しいもの、好きなこと、旅の風景。日々の暮らしの備忘録。


by aya
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

賑わうチャイナタウンと格安中華料理@東北人家

e0368107_12073897.jpeg

今週末はいよいよ旧正月ですね。この時期の風物詩、チャイナタウンの干支の飾り付けを少し前にようやく見てきました。

この日は近くで友人ご夫妻と食事をとることになっており、その前に出店の並ぶ通りを少し散策でもしてみようとTemple St.に向かったのですが。。

旧正月間近の週末、しかも夕方とあり殺人的に混雑。。↓ 出店を冷やかすよりも、この人混みを見に来たという感じでした(汗)

e0368107_12075358.jpeg

旧正月ならではの赤い飾り付けがたくさん↓

e0368107_12081770.jpeg

犬もたくさん。。↓

e0368107_12083927.jpeg

落花生のお店は必ず試食で賑わってますね↓。片手でめいっぱい取っている方もいらっしゃり食べ過ぎではないかと思うのですが、面白い光景です(笑)

e0368107_12104385.jpeg

干し柿も売られています↓。少し買って帰りたかったのですが、とにかくすごい人でしたので諦めました。。

e0368107_12114460.jpeg

この日の食事は、Upper Cross St.沿いの中華料理店、東北人家(Dong Bei Ren Jia)へ↓。オットは利用したことがあったのですが、ワタシは初めてで楽しみに向かいました。

入店を待つお客さんの列がすごかったです。最後尾がよく分からないほど(笑)。特にこの時期だからなのかもしれませんが。。週末の夜は予約必須の人気店のようです。

e0368107_12131423.jpeg

水餃子と迷い、焼き餃子を頂きました↓。厚めの皮はパリッと香ばしく焼きあげられています。

e0368107_12135255.jpeg

お野菜に豆苗の炒め物と、卵とトマトの炒め物を↓。シンプルですが飽きのこない味わいで、油っこさも気にならず美味しかったです。

e0368107_12141048.jpeg

からりと揚がったソルティッドエッグの海老と、何だったか忘れてしまったお肉料理です↓。

お肉を包む皮が薄餅ではなくお豆腐の加工品で、妙に体に優しい味わいでした。しかもお肉のポーションに釣り合わないほどの枚数が。。

e0368107_20421039.jpeg

最後に友人お薦めの冷麺を↓。中華料理店ですがなぜか冷麺があるのですね。スープに最初からお酢の酸味がしっかりきいており、さっぱりと美味しく頂きました。

e0368107_20422580.jpeg

どのお料理もしっかり量があり、青島ビール大瓶2本と紹興酒も頂きましたが、それでも1人30ドルくらい。コスパ抜群の大衆中華料理を満喫した夜です。

お店の方の動きが異様によくて(店内を小走りしているほど。。笑)食べながら感心してしまいました。

食事の後にライトアップを↓。今年のランタンが「旺」なのは中国語読みで「ワン」だからだと聞きました。中国語でも犬はワンワンと鳴くようです。。

e0368107_20431381.jpeg

恒例の干支にちなんだ巨大オブジェです↓。昼間の姿は凛々しい野犬という感じでしたが、ライトアップされたら少しかわいく見えました。

e0368107_20434776.jpeg

New Bridge Rd.沿いは犬だらけですね↓。

e0368107_20440456.jpeg

どこまでも犬。。↓ 

e0368107_20441883.jpeg

こうしたイベント感のある場所に足を運ぶと、単調になりがちな毎日の中でも節目を意識できるのでいいですね。

…とは言え、日中のチャイナタウンはたった30分程度でしたが消耗してしまいました。人混みの中でも楽しむ意欲というか好奇心みたいなものは年々減退。。

来年はもう少し早めに、できれば平日にでも来ようと思ったのでした。



東北人家(Dong Bei Ren Jia)
22 Upper Cross St., 058334
TEL: +65 6224 5258



トラックバックURL : https://ayakit.exblog.jp/tb/27057969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by aya_kit_pa | 2018-02-14 10:00 | シンガポールの風景 | Trackback | Comments(0)