日日是好日 in Singapore ayakit.exblog.jp

美味しいもの、好きなこと、旅の風景。日々の暮らしの備忘録。


by aya
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

週末の弾丸旅行で王宮エリアを回る*バンコク

e0368107_10394370.jpg

週末、2泊3日でタイ・バンコクへ。金曜の朝に飛び、日曜の夜に帰国しました。シンガポールから飛行機で2時間ちょっとで行けてしまうんですね。

今日はそんなバンコクの記録です。土曜日を終日観光の日にして、久々に汗だくになりながら精力的に回りました。午前中は、観光名所の定番中の定番ですが、王宮エリアです。

まずはワット・ポーです↓。お兄さんがペンキを塗ってます。

e0368107_17380421.jpg


正式名称がすごいですね。ワットプラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン、だそうです。舌噛みそうです。。どう区切って読むのかも分からないです。。

このお寺と言えば黄金の巨大な涅槃仏!入場券は100バーツで、中の売店でお水を頂ける引き換え券付きでした。暑いので助かりました。。

本堂の横に小さな寝釈迦仏が↓。地元の方々が熱心に祈りを捧げていました。

e0368107_17380586.jpg

入り口で靴を脱いで、専用の袋に入れて持ち歩きました。さっそく御堂へ。

念願の寝釈迦仏!頭が見えます↓。穏やかな表情ですね。

e0368107_17380689.jpg

少し進んだ先から見上げました↓。このアングルはなんだか眠たそうです。。

e0368107_17380616.jpg

圧倒的な大きさです↓。長いですね。。お顔が遠いです。全長46mもあるのだそうです。

e0368107_17380787.jpg

足元に来てびっくり、足裏に模様があるんですね!↓。今は修繕中のようです。

e0368107_17380804.jpg


柵の向こうからじっくり拝見。細かな装飾が美しいです↓。

真珠貝を使った螺鈿細工で、仏教の宇宙観を描いているのだそうですね。煩悩と同じ数、108個あるのだとか。

e0368107_17380944.jpg

寝釈迦仏の周りをぐるっと一周できる作りになっていました。

後ろ側の壁面には、功徳を積むためのお賽銭の鉢がずらり↓。こちらもまた108個あり、専用の硬貨を入れながら煩悩を捨てていくのだとか。。

e0368107_10100979.jpg

一周して、頭の後ろを拝見。ゴツゴツがいっぱいです↓。巨大な枕も細工が素晴らしく、ゴージャスです。。

e0368107_17380918.jpg

この次はワット・ポーから10分ほど歩き、王宮敷地内にあるワット・プラケオへ↓。白壁に囲まれています。

緑色(エメラルド色)の翡翠の仏像が収められているのでエメラルド寺院と呼ばれているのだそうですね。エメラルドを施した仏様だと思っていました。。

e0368107_17381050.jpg

入場料が500バーツ。今の為替ですと1700円近いです。この寺院は意外と高いんですね。。チケット売り場の横にちゃんと両替コーナーがありました(笑)

どこもかしこもキラキラで華やか。3つの仏塔がそびえ立っていました↓。

e0368107_17381162.jpg

まるで宝石をびっしりちりばめたみたいです↓。華麗な装飾に圧倒されます。。下の方には蛇神ナーガがいます。インド神話に出てくる蛇の精霊で、天気を操る神様なのだとか。。

e0368107_17414765.jpg

エメラルド仏が安置されている本堂の入り口です↓。寺院内部は撮影不可でした。外壁も見事ですが、内部もまた豪華絢爛な世界でした。

e0368107_17414813.jpg

建物の外側には、台を支えているような(?)こんな格好の像が↓。

e0368107_17414815.jpg

黄金の仏塔の台座を支えている像もありました↓。神話に出てくる神のようです。一つ一つが違う表情をしていました。

e0368107_17414994.jpg

こんな建物もありました↓。色彩のテイストがちょっと異なりますが、やはり手の込んだ装飾で埋め尽くされています。

e0368107_17415004.jpg

最後にお隣のチャクリー宮殿へ↓。周りの仏教的な雰囲気の中では独特な存在感がありました。外観を眺めるだけでしたがそれだけでも面白かったです。

西洋のルネッサンス様式とタイの伝統的な建築様式が融合していて、お洒落なんです。

e0368107_17415015.jpg

出口に向かう道で通り過ぎた衛兵さん↓。この方スゴイです、ずっと直立不動なんです。目しか動いてない。。しっかりカメラ目線ですね。

e0368107_17415159.jpg

このあと暁の寺と呼ばれているワット・アルンも予定していたのですが、ワット・ポーとワット・プラケオで予想以上に時間を費やしてしまいました。。

ランチの予約を入れていたので、残念ながら断念しました。でも3大寺院のうちの2つを訪れることができて大満足です。きらびやかで荘厳なタイ寺院を巡る午前の部でした。




トラックバックURL : https://ayakit.exblog.jp/tb/25967232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by aya_kit_pa | 2017-08-08 11:25 | タイ | Trackback | Comments(0)